腸まで届く乳酸菌

便秘解消をはじめ、乳酸菌の効果を得るために大事なのは「生きて腸まで届く!」ということがあげられます。
しかし乳酸菌は胃や十二指腸を通る時に胃酸などにより殆どが途中で無くなってしまうそうです。
運よく生き残った数少ない乳酸菌でさえ腸に届くとすぐに腸内の細菌や白血球から排除されてしまいます。
なので乳酸菌が生きたまま腸まで届くことはとても貴重な事だと認識されています。

腸内細菌の改善が体質を変え美容にも効果的!?


腸の中には乳酸菌の他にもビフィズス菌など無数の細菌が住みついていて健康に大きく影響を与えています。
最近ではダイエットや美肌効果についてもこの腸内細菌が大きく注目されているのです。
この腸内細菌の数、実は500兆〜1000兆個といわれ、その種類も1000以上!
善玉菌と悪玉菌があり、このバランスが重要なのだそうですが、このバランスが崩れると色々と体に悪影響を起します。
お通じが不規則な便秘もこれが大きな原因のひとつ。
生きた乳酸菌を腸まで送り込む事がバランスを整え、いずれの効果も得る事ができるのだそうです。


日本人には植物性の乳酸菌がおすすめ!


植物性の乳酸菌は胃酸の中でも生き抜くチカラが強くて腸まで生きたまま届く可能性が非常に高いと言われています。
しかもアルカリ性にも強いので動物性の乳酸菌に比べて、より過酷な環境でも死滅する事なく生き抜くのだそうです。


乳酸菌は生きてなくても効果に違いがない!?


実は乳酸菌はその生死に関らず効果を得る事が可能です。
たとえば生きた乳酸菌をそのまま腸に入れても繁殖する事はありません。
殺菌されてしまった乳酸菌も免疫力を高めたりコレステロールを下げたりといった効果を得る事はできるのだそうです。
これについては比較実験を何度も行っていることにより、菌そのものが生きていても死んでいても変わりない事が証明されているのです。




乳酸菌は体調を良くしたり、健康や美容にまで影響してしまうことがお分かりいただけましたでしょうか?
日頃から乳酸菌を腸に定着させ善玉菌を増やし、腸内環境を整えるて 毎日を活き活きと過ごしましょう。