乳製品アレルギー

牛乳・乳製品アレルギーとは…


牛乳アレルギーとは牛に限らず動物の乳に反応してしまうアレルギー反応の事をいいます。
乳製品アレルギーも牛乳を主成分とするものなので、同じ様な症状がおきてしまいます。
殆どの場合、牛乳に含まれるたんぱく質の一種であるカゼインが原因で起こるといわれています。
カゼインは耐熱性があり加熱をしてもタンパク質の構造に変化を起こすことがないためアレルギー反応の起しやすさも変わりないのです。
また母乳にはカゼインは含まれていないのでご安心を!
症状については、口に入れると顔や体にポツポツと湿疹ができたり痒みを訴えたり、赤く腫れたりといった事があるそうです。
また重度な場合、命に関ることもあるそうなので、たかがアレルギーと油断してはいけませんね。
近年、牛乳・乳製品アレルギーは子供に多くみられ、卵に次いで2番目に多いアレルギーとして取り上げられています。
主に乳製品といえば、チーズ、バター、ヨーグルト、生クリームなどがあります。
軽度のアレルギーの場合、数分の間に症状がひいてしまうこともあり、そのため親がなかなか気づかないこともあるそうです。
普段の食生活の中でも、また誕生日のケーキを食べたりした時にでも注意してあげるといいでしょう。


カルシウム不足になりがち!?牛乳が飲めないなら他の食品で補充すること


牛乳が摂れないとカルシウム不足になってしまいます。牛乳アレルギーでない子供に比べ半分程度しかカルシウムが摂れないそうです。
必要なカルシウムを摂取するにはなかなか難しいので毎日の食事の組み合わせなどに工夫が必要です。
牛乳アレルギー用のミルクとして、タンパク質を加水分解する事でアレルゲン性を低下させたミルクもあります。


乳酸菌にはアレルギーの改善効果が!


乳製品アレルギーの人でもどうにか乳酸菌を摂りたいと思ったらサプリメントが良いと思います。
長年の研究により、乳酸菌とアレルギーの関連性について症状を緩和できる事がわかっています。
乳酸菌が持つ免疫作用も考えると、やはり乳酸菌を摂取する事はとても大事でしょうね。
植物性乳酸菌サプリなどもあるので乳製品アレルギーの方でも安心してご利用できます。






マメ知識
加工食品にある乳化剤や乳酸菌、乳酸カルシウムなどは乳製品と勘違いされることも多いのですが、実は違います。
牛乳とは関係なく乳製品アレルギーの方でも大丈夫だそうです。
また全粉乳、脱脂粉乳、練乳や乳酸菌飲料などの加工食品には牛乳が含まれているためアレルギーの方にはNGとなっています。