乳酸菌の種類

便秘を解消したい!と乳酸菌飲料を摂る人によくある失敗や間違い…
その理由は乳酸菌には種類が豊富で効果についてもそれぞれ違いがあるという点です。
失敗のないようここでは乳酸菌の種類と効果についてまとめてみます。

悩み別☆おすすめの乳酸菌はこれ


ビフィズス菌

誰もが1度は耳にした事があるでしょう、代表的な乳酸菌のひとつです。
ビフィズス菌は大腸で主に働き乳酸や酢酸などを生成しています。
悪玉菌が嫌がる環境を作ってくれるので悪玉菌を減少させ腸の調子を整えてくれます。
また腸内フローラバランスを改善し、これにより感染防止などの免疫作用が高まります。
発ガン抑制やアレルギー改善の効果も期待できるといわれています。

ヤクルト菌

簡単に言うとヤクルト菌は人工的に作られた乳酸菌の事をいいます。
腸まで生きたまま届くように強く育てられ、腸に届くまでの間に胃酸や胆汁の殺菌力にも負けない力を持っています。
乳酸菌の中でもエリートといえるヤクルト菌ですが、腸内で乳酸を作りそれが腸を刺激する事でぜん動運動を活発化、その結果自然に便通をよくしてくれる効能があります。
そしてヤクルト菌は発ガン物質などの有害物質を作り出してしまう悪玉菌を抑える働きもあり、病気を防ぐ効果もあるのです。

KW乳酸菌

キリングループが100種類以上の乳酸菌株の中から実験と研究の結果生まれたのがKW乳酸菌です。
特にアレルギー症状などに効果を期待されていて花粉症などの改善の報告が多くあるそうです。
花粉症ばかりではなく、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎に関しても、これまでと違った副作用のない効果の期待ができるといわれています。
現在キリンは小岩井乳業と共同によりKW乳酸菌をヨーグルトに入れたりカプセルに入れて販売をしています。

植物性乳酸菌

酸やアルカリにも強いので過酷な環境でもある程度生息できるといわれています。
そのため生きたまま腸に届く可能性が高く腸に届くとビフィズス菌を増やすといった働きがあります。

コッカス菌

乳酸菌には丸い形をした球菌、そして棒状になった桿菌があります。
コッカスとは「丸い」を意味し、腸内で生息する乳酸球菌の事をエンテロコッカス菌といいます。
このコッカス菌にはラクティス菌やフェカリス菌があり、白血球を元気にし免疫力を高めたり、コレステロールを抑える働きなどがある点から最近では非常に注目されているそうです。



ここで紹介したものはほんの一部ですが興味がある人はネットで検索してみると色々と出てきます。

L29乳酸菌

EF乳酸菌

ETF-2001

クレモリス菌

ラブレ菌

まだまだ乳酸菌には種類がたくさんあってそれぞれ効能も違ってきます。
少しでも知識を高めることで乳酸菌に対する関心も変わってくると思いますので参考にしてみてくださいね。