妊婦便秘

なぜ女性は便秘になりやすいのでしょうか。それは体の構造の違いにあります。
女性は出産するために骨盤が広く、そのため腸の機能が衰えてしまうことがあるのです。

男性よりも便秘になる確率が高いとはいっても、生まれてこのかた便秘になったことがないという女性も存在します。
しかし今まで便秘を経験したことがなかった女性でも、妊娠を境に便秘になってしまうということも珍しくありません。

なぜ妊娠すると便秘になりやすくなるのか。それは胎児を育てるために子宮がスペースを確保し、子宮のそばにある大腸の働きを阻害してしまうからだといわれています。
排泄をする前、大腸は伸縮し直腸に便を移動させます。しかしこの伸縮機能が正常に働かなくなることで、便秘になりやすくなってしまうのです。
また妊娠後は黄体ホルモンの分泌量が多くなり、そのホルモンの影響によって腸の機能が低下してしまいます。

便秘によって体調を崩すことが増えると、お腹の中の赤ちゃんに大きな負担を掛けてしまいます。
できるだけ便秘を改善するよう心掛けることが望ましいのですが、便秘薬にはなるべく頼らないことが大切です。
便秘薬はあくまでも薬ですから、赤ちゃんに影響が出ないとも限りません。

便秘解消のためには食生活の改善が重要となります。
特に乳酸菌は便秘解消の手助けをしてくれる重要な菌ですので、サプリなどで積極的に摂取するようにしましょう。