便秘は怖い病気

便秘を軽く考えたり、そのまま放っておいたりしていませんか?
一般的に便秘を病気だと考える人は少ない様子ですが、便秘も立派な病気なのです。
症状が悪化すると最悪の場合、死に至ることもあるのですから…!


便秘は大きく分けて2種類があります。

器質性便秘

腹痛や腹満感の症状が出ます。
大腸に癌があったり癒着による通過障害がある場合など、腸に損傷を受けて腸管が狭くなった時に起こる便秘です。

機能性便秘

腸が果たすべき機能が低下したり異常を発したときに起こる便秘です。

便秘が原因で…という事もありますが、○○によって便秘になっていた!という事も多いようです。
まずは便秘から考えられる主な病気や症状についてチェックしてみましょう。


腹痛があり便秘や下痢が数ヶ月以上続く。排便すると落ち着く…こんな人は!?

過敏性腸症候群

腸や血液の検査では明らかな異常が出ないそうです。しかし腹痛や不快感を伴った便秘や下痢が長期間続くことから厄介な病気とされています。
先進国に多くみられ、日本人でも10%以上の人に確認されているそうです。
男性では下痢型、女性では便秘型というのが目立ちます。
下痢型の場合、突然襲ってくる腹痛と便意が不安を引き起こし、ますます症状が悪化したりします。
便秘型の場合、腸管がけいれんを起し便が停滞、水分が薄くなった便はウサギの糞みたいにコロコロになって排便が困難になります。

過敏性腸症候群の原因は、消化管運動異常、消化管知覚過敏、心理的異常などがありますが、これらを引き起こす原因が定かになってはいないそうです。
免疫の異常も考えられますが、ストレスによる要因が強いと思われる様子です。

腹痛がなく、汗をかかない、寒がり、皮膚の乾燥、顔のむくみ etc…こんな人は!?

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンの分泌が低下する病気です。女性に多くみられ全体の5%の女性にみられるそうです。
全身の代謝を維持するために必要なホルモンなので低下すると昼でも眠気に襲われたり倦怠感を強く感じる様になるそうです。
また計算力や記憶力も低下、体温が低くなり皮膚が乾燥して夏でも汗をあまりかかなくなるそうです。
さらに顔のむくみも主となる症状のひとつで他には体毛や髪の毛が抜けるといった事もある様子。
その他には声が低音化してかすれ声になったりもします。


ご紹介した症状以外にもたくさんの原因や考えられる病気があります。
便秘の症状をよく把握して検索してみたり、気になるのであれば病院で早めに受診する様にしてください。